ハンディコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

 

姉はヤンママ授乳中in実家の8話ネタバレです。

 

hentai弟姉のえろは止まりません。

 

 

 

 

 

いきなり挿入!

 

 

ダイキは横でシャンプーをしています。

 

 

 

「ちょっと待って・・・」

 

 

 

「ん♡」

 

 

 

 

「信じられない・・・この状況で・・マジで入れるとか・・・」

 

 

 

「大丈夫だって ダイキはシャンプー中  目を開けられないし・・・」

 

 

 

 

「姉貴だってあんな寸止め状態じゃ我慢できないだろ?」

 

 

 

湯船の中で、おちんぽをおまんこに挿入中です。

 

 

 

 

「だめ・・そんなに激しくしたら・・・」

 

 

 

「かーちゃん なんか言ったー?」

 

 

 

「その・・・頭は優しくあらわなきゃダメだぞ」

 

 

「あと目は絶対に開けるなよ  シャンプーしみる」

 

 

「わかってるよ」

 

 

 

 

「ダイキは偉いなあ 一人でシャンプーできて」

 

 

 

 

 

「タク  今度は外に出しなさいよ?」

 

 

 

 

今日はマジで危ない日なんだからね」

 

 

「ああ・・・・」

 

 

 

 

 

くそ・・これが姉じゃなかったら 絶対にはらませてやるのに・・・!

 

 

 

 

 

「かーちゃん  タクとなにしてるの?」

 

 

 

 

「あのね  かーちゃん  タクに身体洗ってもらってて・・・♡」

 

 

 

 

 

「それがとっても気持ちいいの・・・♡」

 

 

 

 

 

「姉貴め・・・そんなエロいこと言われたら・・・もう!」

 

 

 

 

「あああああ♡」

 

 

 

 

 

姉貴のケツがメチャクチャエロいです。

 

 

 

やべえ   だしちゃった(中に・・・)

 

 

 

 

 

姉貴の危険日のマンコ  きもち良すぎる・・・!

 

 

 

お腹の奥・・・アツい♡

 

 

 

 

これ絶対にまた 中で出されてる・・・

 

 

 

 

「ちょっとタク  出したでしょ・・・中に」

 

 

「え  いや  それは・・・」

 

 

 

姉貴のぷりぷりのケツに  俺の精子がかかって・・・

 

 

 

外にもだして、ばれないように・・・

 

 

 

「タク兄  この白いのなに?」

 

 

 

「ダイキ!?もう頭洗い終わったの?」

 

 

 

 

 

 

「これはボディーソープだよ  こうやって肌に塗って・・・ははは・・・」

 

 

 

 

 

これで、お風呂のシーンは終わりです。

 

 

 

 

 

風呂上がり、テレビを見ていると、ダイキがおもちゃをおねだりしてきます。

 

 

 

 

そこで、姉は、タクに買ってくれたら・・・

 

 

 

あれをしてあげると。

ハンディコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用
 

 

>>続きはこちら<<