[ComicFesta]【AC】雑巾がけで目の前のパンツにムラッ…そのまま挿入れちゃいました。[ウェイブ].ver2.3.2

 

hentai作者の願望がはじけてる、そんな作品。

 

 

雑巾がけで目の前のパンツにムラ1話 。

 

 

ただの雑巾がけなのに、なんで挿入することになったのか?

 

 

気になりませんか?

 

僕はそこが気になって購入しちゃいました。

 

 

そこだけ詳しくネタバレします。

 

 

>>画像10枚はこちら<<

 

 

 

目の前のパンツにムラムラの良平はすでに、勃起したちんぽを出したまま、

 

雑巾がけをして、新美ちゃんのお尻を追いかけているわけです。

 

 

新美ちゃんがカーブでいきなりスピードを落とすと、後ろからぶつかって、

 

上のような状態になります。

 

 

 

 

そして、勃起したちんぽが、パンティーに食い込みます。

 

 

 

 

最初は嫌がる新美ちゃんでしたが、良平がオッパイを揉んだり、

 

股間をこすりつけているうちに、気持ち良くなってしまいます。

 

 

ここではまだ挿入していないのですが、

 

 

「もうだめ  座ってられない!」

 

 

 

と、膝をついたとたん、

 

 

 

腰を押さえていた良平が、

 

 

 

 

ただ、そこに穴があったから、挿入してしまった、というわけです。

 

 

 

 

その後はもう、バコバコです。

 

 

雑巾がけで目の前のパンツにムラの1話の挿入の理由、分かりましたか?

 

試し読みも結構充実していて面白いですよ。

 

 

 

 

新美ちゃんの今後

 

 

雑巾がけをしていたら、目の前のパンツにムラムラして、

 

エッチな気分になって、挿入しちゃうという、結構無理な展開から始まるストーリーですが、

 

この後、実は、この新美ちゃんが、良平に好意を持つようになります。

 

 

SEXから始まる恋、というやつでしょうか。

 

 

 

もう一人の女の子、生徒会長とのライバル関係になりつつも・・・

 

 

女の争いですね。

 

 

 

実際に、女の子も人間ですから、エッチことには興味があるわけで、

 

挿入しちゃうのもいいのかもしれないですね。

 

 

 

僕が若い頃は、女の子に慣れてなかったし、ビビりだったので、

 

そういう発想はなかったんですけど、

 

 

女兄弟がいて、慣れている奴は結構、そういうことがわかっていたような気がします。

 

 

 

入れてみたら、女の子も気持ちいいんですよね。

 

 

おまけ画像

 

 

[ComicFesta]【AC】雑巾がけで目の前のパンツにムラッ…そのまま挿入れちゃいました。[ウェイブ].ver2.3.2

[ComicFesta]【AC】雑巾がけで目の前のパンツにムラッ…そのまま挿入れちゃいました。[ウェイブ].ver2.3.2

[ComicFesta]【AC】雑巾がけで目の前のパンツにムラッ…そのまま挿入れちゃいました。[ウェイブ].ver2.3.2
新美ちゃんのエロさは、かなり抜けます。

 

というか、抜きました。

 

高校時代にこんな女の子とSEXしたかった。

 

 

>>淫乱な新美ちゃんはこちら<<

 

 

コミックフェスタの週間ランキングでも、6位から10位前後につけています。

 

 

 

5話の新美ちゃんがエロい

 

 

 

 

英子は学校を休んでいる。

 

新美ちゃんと良平が怪しい関係にあると気付いていて、今日は二人に会いたくないのだ。

 

 

 

そんなお姉ちゃんを心配する妹・・・

 

 

 

 

 

場所は変わって学校では、

 

良平と新美ちゃんがプールの掃除です。

 

 

 

ホースから水がかかり、新美ちゃん、びしょぬれ!

 

スクール水着が透けて、いやらしい。

 

工藤の名字がすけてます。

 

 

スクール水着はイチャイチャエステでも、プラス1000円ですからね。

 

 

 

 

脱いで乾かすということで、水着姿になったが、

 

 

 

お約束通り、足を滑らせて、

 

 

ぎゅっ♡

 

 

 

ここで、理性の糸が切れる、われらが良平。

 

 

 

「新美!」

 

 

後ろから、おっぱいをぎゅと、もみながら、はやくも、

 

乳首をコリコリ

 

 

「やん♡」

 

 

 

 

 

いきなり、チンポをだして、後ろから、タチバックスマタ。

 

 

またまた、エロい態勢に、

 

 

 

 

 

「もう  うん ン  ♡」

 

 

 

「あん♡  こんなのもうだめ!」

 

 

 

 

「それ以上したら 気持ちよくなっちゃう・・・♡」

 

 

 

と、ここでキス。

 

今度は、直におっぱいを・・・

 

 

 

 

 

「ああん  だめって言ったのに」

 

「だめだよ  誰かに見られちゃうよ」

 

 

 

 

「すごい固くしてるし  また入っちゃうよ!?」

 

 

 

 

ヤバイ  新美はやっぱいいな・・・♡

 

 

 

こんなエロい体つきだし  たぶん俺のこと好きだから

 

 

 

俺のエッチをいつでも期待してくれている♡

 

 

こいつはたまらない

 

 

 

 

と、後ろから抱きかかえた状態での、挿入!!

 

「んー入ってるの・・・?」

 

 

 

「だめ 気持ちよくなっちゃう」

 

 

 

 

「ああん」

 

 

 

 

「やだっ気持ちいい」

 

 

 

 

今度は明白だ

 

俺が動いているというより

 

 

 

新美ちゃんが動いてる・・・・

 

 

 

 

 

「気持ちいいからダメなのおおお♡」

 

 

「これ以上は外にいる人に聞かれちゃう」

 

 

 

 

 

じゃあ

 

「口をふさいであげる」

 

 

 

キス。

 

 

新美ちゃんがエロ可愛い。

 

 

 

 

「ううん♡」

 

 

 

バックの状態で挿入中

 

 

 

「奥に!  いっぱいあたってる♡」

 

 

 

 

ここで、英子の妹、こなつちゃんが、近くを通りかかる

 

「なにかしら?」

 

 

 

 

「こんなトコ誰かに見られたらヤバイよお」

 

 

 

さらに激しくピストン!!

 

 

 

 

「いく  いくっ!」

 

 

 

「んん♡」

 

 

 

 

びくびく

 

ドクン

 

 

「んんーー」

 

 

声を抑えながら果てる二人。

 

 

 

 

 

 

「もう他の子としちゃだめだからね」

 

 

 

「はーまたやってしまった」

 

 

 

 

 

 

 

「待ちなさい」

 

 

 

 

「君はこなつちゃん・・・?

 

 

 

 

 

「英子お姉ちゃんのことで・・・話があるんだけど・・・」

 

 

 

やばい  なんでこのタイミングでこなつちゃんが現れるんだ?

 

 

 

 

これは  悪い予感しか・・・・

 

 

>>続きはこちら<<

 

雑巾がけで目の前のパンツの感想

 

 

「雑巾がけで目の前のパンツにムラ」って、ランキングで1位にはならないんですが、

 

ずっと5位から10位あたりをキープしているエロマンガなんです。

 

 

 

タイトル通り最初のエッチは雑巾がけで始まりますが、その後は、微妙な三角関係やら、

 

女の子同士の嫉妬などが混じり、面白くなっていくんですね。

 

 

高校時代が舞台なんですけど、女の子が決して、ビッチじゃない、というのがポイント

 

だと思います。

 

 

 

新美ちゃんなんかは、結局のところ、エロエロじゃん、ってカンジなんですけど、

 

そこは現実と同じで、やるまでは「清楚」なんですよね。

 

 

そんな女の子が段々と気持ち良くなっていく、そんなところに勃起します。

 

 

 

 

ヘルスよりも、手こき店が好きな人には分かると思います。

 

 

 

女子大生のバイトの女の子が、オプション以上に感じちゃう、あの感じです。

 

 

ハズレのないエロコミックを探しているのなら是非どうぞ!

 

 

>>無料試し読みはこちら<<