[ComicFesta]【AC】八百万姦~異界で処女を競り落とされて….ver1.2.1

 

八百万姦~異界で処女を競り落とされての第六話を買ったので、

感想、あらすじを書いていきます。

 

 

 

 

 

いきなり、糸ひいてます。

 

 

「すごい こんなに大きくなるんだ・・・」

 

 

 

大きくなったおちんぽを、ふんどしから外してあげます。

 

 

滅茶苦茶でかいおちんぽが、飛び出てきました。

 

 

 

「撫でてやってくれるかの?」

 

 

「は  はい・・・」

 

 

 

たぎったおちんぽをなでながら、臭いをかぎます。

 

 

結構いやらしい手つきで触ってくれます。

 

 

 

 

そして、フェラチオです。

 

口いっぱいに含んでのエロいフェラチオ。

 

 

 

 

 

フェラチオしながら、おまんこはすでに、ぬるぬるです。

 

 

 

 

ぐちゅぐちゅに手マンされ、

 

 

「これも味見してみようか」

 

 

 

 

 

 

妖怪の舌がおまんこにじゅるっと、

 

 

 

「それ・・・だめえ」

 

 

 

びくん・・・がくっ

 

 

 

 

舌でイッチャいました。

 

 

 

そして、

 

 

「挿入れるぞ  百合・・・」

 

 

 

 

でっかいおちんぽが、おまんこに入っていきます。

 

 

ずぶっ・・・

 

 

 

 

涙を流しながらも、感じている顔がかわいい。

 

 

 

段々激しくなっていく。

 

 

 

正常位から、だいしゅきホールドへ

 

 

ベロチューで「んんーー」きもちいい。

 

 

 

 

そして、バック。

 

 

 

「や もうだめ・・・私っ」

 

 

もうぐちゃぐちゃです。

 

 

 

 

 

「イく・・・っ!!」

 

 

「イっちゃうから・・・・!!」

 

 

 

びくん、びくんと最高潮です。

 

 

精子をお腹にたくさん発射、

 

 

 

「もう朝か・・・」

 

「うん いっぱい射精たね」

 

 

 

猪神の恋人ごっこでした。

 

 

 

最後に何やら怪しい妖怪が・・・・

 

 

今度は俺がやってやろうかなと・・・・

 

 

 

 

と、気になる終わり方でした。

 

 

続きがありそうですね。

 

 

 

イチャイチャが好きなので、異業との交流でも楽しめました。

 

八百万姦~異界で処女を競り落とされて…